版画 絵画 グスタフ クリムト 販売実績No.1 ジクレー■新品 キス 11682円 【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★ ホビー アート・美術品・骨董品・民芸品 絵画 版画 その他 /article/321958,ホビー , アート・美術品・骨董品・民芸品 , 絵画 , 版画 , その他,【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★,i-pal.or.jp,11682円 11682円 【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★ ホビー アート・美術品・骨董品・民芸品 絵画 版画 その他 版画 絵画 グスタフ クリムト 販売実績No.1 ジクレー■新品 キス /article/321958,ホビー , アート・美術品・骨董品・民芸品 , 絵画 , 版画 , その他,【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★,i-pal.or.jp,11682円

版画 絵画 お値打ち価格で グスタフ クリムト 販売実績No.1 ジクレー■新品 キス

【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★

11682円

【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★





商品の詳細
作家名グスタフ・クリムト
作品名キス
技法ジクレー
外径サイズ56×41 cm
作品サイズ39×24 cm
補足説明
状態新品
付属品額付
エディション
◆ グスタフ・クリムト(Gustav Klimt) ◆
1862 7月14日、オーストリアのウィーンで金工家・銅版彫刻師の家庭に生まれる。
1892 弟のエルンストが死去。その後、数年間ほど仕事が手につかず。
1897 オーストリア芸術家協会(ウィーン分離派)の創設に参画。初代会長となる。
1898 風景画も制作し始め、独自の作風に到達する。
1900 パリ万博に『哲学』を出品。思想表現を目指し始める。
1902 ウィーン分離派館でのクリンガー展のために『ベートーヴェン・フリーズ』を制作。
    あからさまな裸体表現でスキャンダルとなる.
1903 ウィーン大学大講堂の天井画を制作。ウィーン分離派館で、初めての個展を開催。
1905 内紛抗争で分離派を脱会する。その後、追従者が出て、クリムトのグループが出来上がる。
    ウィーン工房を創設した、建築家ヨゼフ・ホフマンに共鳴し、彼の依頼でブリュッセルの
    ストックレー邸の食堂にフリーズを制作。
1911 『死と生』を制作。15年に改作。
1917 美術アカデミーが名誉会員に認定。
1918 2月6日、脳卒中のため死去、享年55歳。最後の言葉が『エミリーを呼んでくれ!』だった。

人々の心の奥底に眠る欲望と真実を描き、その絢爛たる装飾的手法と、
一方で、飾ることを知らぬ無垢で瑞々しい感性は、天才と言われる所以でしょう。

※ 本商品は、店舗等でも販売している為、
  ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います
  ので、その場合は、ご容赦下さい。
■グスタフ・クリムト の一覧
※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。
人物画_男女_恋人_愛人_カップル_アベック_キッス_世界の名画

【版画・絵画】グスタフ・クリムト『キス』ジクレー■新品★

  • 非対称細胞分裂研究チーム

    松崎 文雄
    受精卵や神経幹細胞は細胞分裂を繰り返しながら多様な細胞を作り…

  • 高次構造形成研究チーム

    竹市 雅俊
    複雑な多細胞組織の形成機構について、細胞の接着・運動・極性形…

  • 形態形成シグナル研究チーム

    林 茂生
    動物の発生における組織の形態形成のしくみをキイロショウジョウ…

  • 器官誘導研究チーム

    辻 孝
    器官発生は、初期胚におけるパターン形成により器官形成のための…

  • 染色体分配研究チーム

    北島 智也
    卵母細胞と受精卵の細胞分裂における染色体分配の機構とエラーの…

  • 大脳皮質発生研究チーム

    花嶋 かりな
    哺乳類特有の脳構造である大脳皮質は、中枢神経系の中でも極めて…

  • 感覚神経回路形成研究チーム

    今井 猛
    哺乳類の中枢神経系は膨大な数の神経細胞から成り立っています。…

  • 成長シグナル研究チーム

    西村 隆史
    多くの多細胞生物は、発生過程において器官や体の大きさが遺伝…

  • 呼吸器形成研究チーム

    森本 充
    生物の体を構成する臓器は、それぞれ生存に必要な何らかの機能…

  • 細胞外環境研究チーム

    藤原 裕展
    細胞外環境による毛包器官形成の理解

  • 上皮形態形成研究チーム

    Yu-Chiun Wang
    細胞、組織、器官がそれぞれ特有の機能と形態を獲得していくプ…

  • 発生エピジェネティクス研究チーム

    平谷 伊智朗
    条件的へテロクロマチンとは、発生過程のある時期に凝縮・不…

  • 体軸動態研究チーム

    猪股 秀彦
    発生過程は、複数の細胞が胚という限られた空間の中で互いに情…

  • 網膜再生医療研究開発プロジェクト

    髙橋 政代
    網膜は身体の外に突き出している脳の一部と称され、その比較的…

  • 立体組織形成研究チーム

    永樂 元次
    試験管内で機能的な器官を形成することは発生生物学、細胞生物…

  • 個体パターニング研究チーム

    濱田 博司
    マウスを用いて、体の左右非対称性が生じる仕組みを研究して…

  • ヒト器官形成研究チーム

    髙里 実
    ヒト多能性幹細胞を用いた再生医療研究の究極の目標とはなんで…

  • 血管形成研究チーム

    Li-Kun Phng
    血管形成において血管内皮細胞の動態と協調を制御する力学的メカ…

  • 比較コネクトミクス研究チーム

    宮道 和成
    私たちの脳内では、無数の神経細胞がそれぞれの個性を踏まえて…

  • 一細胞オミックス研究ユニット

    二階堂 愛
    細胞生物の生命活動の最小単位はひとつひとつの細胞です。我々…

  • 心臓再生研究チーム

    木村 航
    哺乳類の成体の心臓には、心筋梗塞などで障害を受けた後の再生…

CDB Symposium 2018

たくさんのご参加ありがとうございました。シンポジウムの写真をウェブサイトにアップロードしております。

iPS臨床研究のホームページ

中央市民病院、大阪大学、京都大学、理研の4機関が共同で進める「滲出型加齢黄斑変性の臨床研究」の特設ホームページです。

CDBのミッション

濱田センター長からCDBのミッションについてメッセージです。

これは何?から始まる発生学

理研CDBで行われている発生生物学や再生医療研究の最前線を分かりやすく紹介する冊子を配布しています。

視覚機能再生研究支援のお願い

網膜再生医療研究開発プロジェクト(髙橋政代)が視機能再生研究支援寄附金を募集しています。

新聞連載「科学の中身」

産經新聞に連載中のCDBの研究者によるリレーエッセイです。是非ご覧下さい。

iPS臨床研究(1例目)について

理研と先端医療振興財団が進める「滲出型加齢黄斑変性の臨床研究」の特設HP。2014年に実施した1例目の移植に関する情報を掲載しています。

2017 CDB Annual Report

CDBの各研究室や2017年の研究成果を紹介しています。(英語)

ハクバ CF-SMCPRLG405 SMC-PRO レンズガード 40.5mm